スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールとは・・・

人間の行動の全ては自己満足という言葉で片付けられる

 よく読む漫画の言葉であるが「たしかにな・・・」と思った。

 人は自分のために生き、働くことも遊ぶことも自分が満足するためにするんだと思う。
それは別に悪いことじゃなく誰もがそうなんじゃないかと思うし、おれ自身もそうやって生きてきたと思う。

 ただ、世の中にはルールというものがあって、全ての人が自分のためだけを考えてるいると大変なことになるんじゃないかと思う。実際に自己満足を得るために、いろんな事件が起こっているわけだが・・・

 世の中のルールとはいろいろあるとは思うが、簡単にいうと「人に迷惑をかけない」ということなんじゃないかと思う。とは言いながら、誰もがなにかしら人に迷惑をかけながら生きているんじゃないかと思う。おれ自身も今まで多くの迷惑をかけて生きてきたし、これからもかけるだろう・・・

 もしも、全ての人が迷惑をかけないように生きれたとしたら、いろいろな事件などはなくなるんじゃないかと思う。

 しかし、人は自己満足のために生きているだけに難しく、簡単なことではないだろうが・・・

 
スポンサーサイト

何のために・・・

 人には「自分の為だけに生きれる人」と「そうでない人」がいるんじゃないかと思う。
でも基本的に人は「自分の為、自分の幸せの為」に生きて、そのために仕事したり勉強したりしてがんばれるんじゃないかと思う。
世の為、人の為」という人もいるかもしれないが、それはその人の自己満足で結局は「自分の為」なんじゃないかと思う。
 「」の「」と書いて「」(なんかのテレビでやってたものだが・・・)
漢字というのはよくできているなぁと思った。

 しかし「自分の為だけ」となるとなかなか難しいんじゃないかと思う。もちろん「自分の為だけに生きれる人」もいるだろう・・・
でも多くの人は自分の為だけやと、すぐに諦めてしまったり妥協してしまったり、時には「どうせ困るのは自分やし、どうでもいいや・・・」となるんじゃないかと思う。少なくともおれはそっち側の人間だろうと思う。
だから人によっては結婚して家族を作り、「家族の為」にと自分に言い聞かせてがんばれたり、また人によっては「世の為、人の為」と言い聞かせたりするんじゃないかと思う。もちろんそれは結果的には「自分の為、自分の幸せの為」ではあるが・・・

生きている価値・・・

人は忘れる生き物である

なにかの本で読んだことがある。
例えば、おれが死んだとしたらどうなるだろう・・・
友達や同級生が通夜や葬式に来てくれるかもしれない。悲しんでくれる人もいるかもしれない。もしかしたら泣いてくれる人もいるかもしれない。でも・・・それだけなんじゃないかと思う。
泣いてくれた人でも次の日には、おれが生きていた時と同じ様な生活に戻り、時間が経てば「そんな奴もおったなぁ」とたまに思い出すくらいになるんじゃないだろうか。
「友達や同級生の死」というのはその程度のことなんじゃないかと思う。

世の中に死んでもいい、生きてても価値のない人間なんていない
ドラマや漫画で出てきそうなセリフだが、おれはそうは思わない。綺麗ごとなら、いくらでも言える。でも価値のない人間なんて山ほどいるんじゃないかとおれは思う。
逆に価値のある人間っていうのは何人いるんだろう・・・
まぁそんなことを考えても、おれ自身も「生きている価値」のない人間かもしれないが・・・
 しかし、おれにとって「友達や同級生の死」は忘れていってしまうことなのかもしれないが、それぞれに家族がいて、その人達にとってはその程度のことにはならないのかもしれない。もちろんそれはおれにとっても言えることで・・・
そういう意味では「生きている価値のない人間」なんていないのかもしれないが・・・

死ぬということ・・・

 死ぬということ・・・
それは当たり前だが「この世からいなくなる」ということだと思う。
おれは正直言うと、自分の家族じゃない他人が亡くなって「いなくなって」しまってもあまりなんとも思わない人間なのかもしれない・・・
 今まで同級生や親戚など何人か亡くなってお通夜や葬式に行ったこともあるけど、特になにも感じたことはなかった・・・と、いうか「しょうがない」とすぐに諦めというか切り替えというか、そういう風に考えていた。
 たしかによく遊んでいた同級生が亡くなったりしたら、「もう遊んだりできないんやなぁ」などとは思ったりはするが・・・・・それだけである。
 冷たい言い方かもしれないが、彼らが亡くなったからといって自分の生活が変わるわけじゃなく、次の日からもいつもと変わらぬ生活を送ると思う。
 だが家族、特にいっしょに暮らしている誰かが亡くなったら多かれ少なかれ普段の生活が変わってしまうんじゃないかと思っている。(まだそういう経験がないのでわからないが・・・)
 もし、自分の嫁や子供達が「いなくなって」しまったら・・・そんな事をたまに考えたりする。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。