スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きている価値・・・

人は忘れる生き物である

なにかの本で読んだことがある。
例えば、おれが死んだとしたらどうなるだろう・・・
友達や同級生が通夜や葬式に来てくれるかもしれない。悲しんでくれる人もいるかもしれない。もしかしたら泣いてくれる人もいるかもしれない。でも・・・それだけなんじゃないかと思う。
泣いてくれた人でも次の日には、おれが生きていた時と同じ様な生活に戻り、時間が経てば「そんな奴もおったなぁ」とたまに思い出すくらいになるんじゃないだろうか。
「友達や同級生の死」というのはその程度のことなんじゃないかと思う。

世の中に死んでもいい、生きてても価値のない人間なんていない
ドラマや漫画で出てきそうなセリフだが、おれはそうは思わない。綺麗ごとなら、いくらでも言える。でも価値のない人間なんて山ほどいるんじゃないかとおれは思う。
逆に価値のある人間っていうのは何人いるんだろう・・・
まぁそんなことを考えても、おれ自身も「生きている価値」のない人間かもしれないが・・・
 しかし、おれにとって「友達や同級生の死」は忘れていってしまうことなのかもしれないが、それぞれに家族がいて、その人達にとってはその程度のことにはならないのかもしれない。もちろんそれはおれにとっても言えることで・・・
そういう意味では「生きている価値のない人間」なんていないのかもしれないが・・・
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。