スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳をとるということ・・・

親の気持ちも知らんと!」とか「他人の気持ちも知らずに!」と、
子供の頃や学生時代に、うちのオカンによく言われていた様な気がする。
当時それを聞いて、どう思ったかは覚えていないが、今思うと正直、
親や他人の気持ちなんてわかるわけがない」と思う。
 おれに超能力や霊能力があればわかったかも知れないが、残念ながらおれにはそんな能力はない。(ある人もいるかも知れないが、ほとんどの人はないんではないだろうか・・・)

 人はなぜ歳をとるのだろうか・・・そんなことを考えた時に、おれが思うには、例えば三十歳になった時に初めて三十歳の気持ちがわかるようになる。二十歳の頃には三十歳になった時の気持ちなんて想像もつかなかったんじゃないかと思う。(気持ちや考え方がずっと変わらない人もいるかも知れないが・・・)

 親になって初めて親の気持ちがわかるんじゃないかと思うし、他人にならないと他人の気持ちはわからないんじゃないかと思う。わかったフリや自分の似たような経験と重ねて、わかったような気にはなるかもしれないが、実際その人の気持ちはその人にしかわからないんじゃないかと思う。

 しかし、気持ちはわからないかもしれないが、「気を使う」ことはできるんじゃないかと思う。
おれも三十歳を過ぎ、子を持つ親の気持ちがわかるようになったような気がしている。
子供達には「人に気を使える」人間に育っていって欲しいし、もちろんおれ自身もそういう風に歳をとっていけたらな、と思っている。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

哲学の世界では常人からしたら気が狂っとるんちゃうか?と思うようなテーマがゴロゴロ転がっています。
「自分以外の人間にも自分と同じように心があるのか」
これも、哲学の王道テーマのひとつらしいです。
そして、答えが出ていないテーマのひとつでもあります。

私は「気を使っているということが、一切バレないように気を使える人」を猛烈に尊敬します。
「気を使っている」とアリアリとわかるような気の使い方をする人はクソだと思います。
・・・・・ということは、私はクソ・・・orz

No title

 哲学・・・ですか・・・。おれはあまり頭良くないんで難しいことはわかりませんが、答えが出ないことを考えるのはなんか好きですね。想像というか、妄想というか・・・

 「気を使っているとアリアリとわかる~」・・・おれも人から見たらそういう風に思われてるかもしれないですね・・・
でも、全く気を使わない人よりはいいんじゃないかと思います・・・おれは。例えそれを偽善と言われても・・・・。

 気を使っていることが一切バレない~・・・バレるバレないも他人が思うことでそれもわからないことなのかもしれませんね・・・。

 

No title

他人の気持ちなんて完璧にはわからないですよね
むしろ、私はよく自分の気持ちすらわかりませんよ
自分がどうしたいのかとかね・・・(´x`*)チョーダメ人間

もっと変な事言えば昨日の私には今日の私の気持ちはわからない
1日1日が昨日と違う自分の気持ちを知る一歩なんだと思ってます
それが歳をとるって事なんじゃないですかね

気を使う事は大事な事だと思います
アリアリとでも、見えないようにでも・・・気を使ってる本人の気持ちに変わりはないから
ただ、相手がそれを偽善ととるかどうかなんて、それも相手にしかわからない事ですよね

自己満足な事かもしれないですけど、気を使う事によって相手が嫌な思いをしていないと思えればそれでいいんじゃないでしょうかね


うん・・・難しい話は好きだけどニガテ(*ノωノ)
コッソリリンク頂いて行きます

No title

>ゅぃこさん

コメありがとうございます。ちょっとビックリしましたがw

これからも訳のわからないことを書いて自己満足していこうと思っていますので、よろしくお願いします。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。